2015年03月31日

ガレット作りを再開しました。

  ブログの更新がなかなかできませんでした。

 最近きな粉に凝っております。

 なんと言っても畑のお肉です。

 それに消化もいいです。

 栄養価は大豆とあまり変わらない。

 きな粉は砂糖と混ぜて、お菓子の材料だけではもったいない

 今日はそば粉に混ぜて、ガレットを作ってみました。

 割合は適当というより、残っていたそば粉が約90gでしたので、

 少々少なめですが、きな粉を50g入れました。

 牛乳もカップに入れてあったものを使いこれが200mlでした。

 水を100mlと卵1個。

         KIMG0759.JPG.jpg    
     《 そば粉ときな粉を合わせてふるったのですが・・・》

         KIMG0760.JPG.jpg
       《 出来上がり・少しもったりしています。 》

   これを一晩冷蔵庫で寝かせました。

   いつも、ビールのつまみにするので、今日は

   果物を入れてみたのですが・・・。

   KIMG0776.JPG.jpg     KIMG0779.JPG.jpg
  《 バナナ・イチゴ・オレンジ 》      《 見栄えは良いのですが。》

   バナナだけ美味しいという評価でした。

  失敗ですか・・・ね

  やっぱり、フルーツのソースを掛けるか、フラッペにした方が

  良かったかも(−。−;)

 アイディアとしては、だったのですが。

 もう少し、頑張ってみます。

 材料のそば粉ときな粉はもちろん高来のふれあい市で

 販売しておりますので、ご来店お待ちしておりますm(.。.)m


2015年03月10日

高来町 ふれあい市・商品の紹介です。

  今日のふれあい市の商品は 《 きな粉 》 です。

 きな粉は大豆を焙煎して、冷却・粉砕して作ります。

 栄養成分は大豆とほぼ同じですが、水分は5%と少ないです。

 大豆よりも消化がよい食品です。

 大豆はタンパク質を多く含み、畑の肉とも言われています。

 又、大豆に含まれる炭水化物は澱粉はほとんど含まず、オリゴ糖や

 食物繊維が含まれています。

 最近、大豆のタンパク質、オリゴ糖、ポリフェノール、食物繊維、

 イソフラボン、サポニンなどの生理機能が注目されています。

 期待される効果としては血清コレステロール低下作用

 がん予防作用、体脂肪減少、血圧降下作用、筋肉疲労の

 回復の促進などがあります。

                 ( 参考文献・ 健康・調理の科学 )


 健康な体づくりのために消化のよいきな粉を上手に利用しては

 いかがでしょうか?


         KIMG0685.JPG.jpg
            《 ふれあい市のきな粉 》
       
       KIMG0686.JPG.jpg
           《 きな粉・150g入り200円 》











2015年03月06日

さつま芋のまる揚げを作りましたよ(^。^)

  高来ふれあい市のまる揚げさつま芋を作ってみました。

 二通りの作り方でやってみました。

 半分は電子レンジで茹でて揚げる方法。

 もう半分は直接サラダ油で揚げる方法。

 予想通り、あらかじめレンジで茹でた物は少し水っぽく

 甘みも素揚げした物より足りないようでした。

    KIMG0649.JPG.jpg     KIMG0659.JPG.jpg
  《 袋に入れてレンジで茹でた物 》  《 茹でてから揚げた物 》


           KIMG0657.JPG.jpg
            《 素揚げしたさつま芋 》

    素揚げした物はサラダ油の温度が高かったのか

    少し黒くなりました。

  ところで、ふれあい市で販売しているまる揚げかりんとう

    揚げる前にレンジで茹でていますが、普通の茹で方とは

    少し違っているんですよ

    時間をかけて茹でているので、ふれあい市の焼き芋のように

    とても甘く揚がっています

    是非食べてみて下さい

          KIMG0616.JPG.jpg
        《 ふれあい市のまる揚げかりんとう 》

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。